ケミカルピーリングとニキビ治療

おなか空いてるだけかもしれない。腹ペコブログ。

トップページ201212 > ケミカルピーリングとニキビ治療

ケミカルピーリングとニキビ治療

肌の角質を除去する方法にケミカルピーリングがあります。皮膚はターンオーバーをすることで定期的に再生をし続けています。しかし、新陳代謝の低下によって周期が不定期になったり、機能が低下してしまうと、皮膚の毛穴や表面に排泄しきれなかった古い皮膚が角質となって残ってしまいます。この角質を溜めたままにしていると肌のくすみやニキビなどの原因になるのです。ケミカルピーリングをして溜まった角質を溶かして除去すると、角質によってくすんでした肌が明るくなり、美白効果も期待できます。
ケミカルピーリングに使用されている成分は主に酸です。使用する酸はピーリング剤によって異なりますが、大きく4種類と考えてよいでしょう。フルーツ酸、トリクロール酢酸、サリチル酸、フェノール酸が一般的です。
フルーツ酸はリンゴや柑橘類などの酸を利用しています。使用感が穏やかなので、市販品の多くはこのフルーツ酸を主原料としているものが多いです。
その他のトリクロール酢酸、サリチル酸、フェノール酸は毛穴の奥まで成分を浸透することができるので、フルーツ酸よりは効果が強いといわれています。しかし、肌の状態や質によっては強すぎてしまうことがあるので注意が必要です。
ケミカルピーリングは、自分で行う場合にはニキビなどの肌トラブルがないときに行うことが大切です。また、クリニックや皮膚科、エステサロンなどでも行っていますが事前のカウンセリングをきちんと受けることが必要です。肌の状態によってはケミカルピーリングを受けられないこともあります。

関連ページ

美顔器はイオンか超音波
おなか空いてるだけかもしれない。腹ペコブログ。
海洋深層水について
おなか空いてるだけかもしれない。腹ペコブログ。
引越し(自室の荷造り)
おなか空いてるだけかもしれない。腹ペコブログ。
2014 レモンって味を思い浮かべると唾液が出るね。 All Rights Reserved.

メニュー

最新記事